いろいろ


by tkokazu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お正月太りチェック

ここで お正月太りチェックができます。
みなさんもしてみてはどうですか。

ちなみに自分はこうでした。

要注意タイプ
Poor!誘惑が多いお正月だとわかっていても、どうしても自分に甘くなってしまっているようです。お正月明けに体重計にのって後悔しないように、各アドバイスを参考にできるかぎり普段の生活のリズムや食事のとり方を守りたい。

--------------------------------------------------------------------------------
おせちやお酒、誘惑が多い年末年始。年に一度だからとついハメをはずしてしまっていませんか?摂取エネルギーを抑えるコツは「だらだら食い」をしないこと。いつ、どこで、誰と何を、どのくらい飲んだ、食べたのか頭の中で整理しながら、食事をとるようにします。また、三が日が終わったらできるだけ早くお正月気分から抜けたいもの。

お正月は「年に一度くらい…」と誰もが思う時期です。せめて、自分がどのくらい食べたか、飲んだかわかるようにはしておきましょう。
「寝正月」では体と心がなまっていく一方。初詣に出かけたり、家の中でも食器を洗ったり、片付けたりする程度は体を動かしましょう。
目の前に食べものがあるとお腹がすいていなくとも、つい食べてしまいます。食卓には食べ物の代わりに、飾り用の鏡もちや門松などの小物を飾るとお正月らしさを演出できます。
テレビに夢中になっていると、食べた量がわからなくなってしまいます。食べる時は時間と量を決めて、ながら食いは厳禁。
のんびり過ごすのもいいですが、夜更かし、朝寝坊は体調を崩すもとに。せめて朝起きる時間を決めて朝食をとります。
お餅1個(35g)は約80kcalあります。ごはん1膳(130g)は約190kcalですので、1食2個を目安として食べます。また、お雑煮の食べ過ぎは、塩分を多くとることにもなります。
おせち料理の砂糖やみりんは結構エネルギーが高いもの。また、味付けが濃いと、ご飯など主食の取りすぎにもつながります。
外出をしなくても、年賀状の返事をポストに出しに行ったり、テレビを見ながらストレッチをするなど、家の中でもちょっとした工夫をして体を動かして。
ウエストのゆるいスカートやズボンでは、食べ過ぎストップのサインを見逃してしまいます。出かける用事のない時でも、ルームウエアから着替えたり、髪の毛を整える、メイクをするなどして気を引き締めて。
[PR]
by tkokazu | 2005-01-10 13:31 | 日記